ココユーキ、ピートモス、ココヤシ、土壌改良材、培養土、園芸・農業資材、ペット用床材なら株式会社DIA

観葉植物販売サイトランキング

 · ピートモスの効果は3つあります。1 1つは土質を酸性寄りに変化させること、2つ目は水もちをよくすること、3つ目は土を柔らかくする効果です。 ピートモスは、アルカリ性、中性、酸性と3つある性質のうち、強い酸性を示します。�  · 苗を取り出してゴールデン粒状培養土を少しだけ入れます バラ用培養土はピートモスとバーミキュライトが混ぜ込んでありました、ゴロ土はこの培養土の場合は使用しません 水はけがものすごくイイのでその必要がないのです 「 ピートモス 」は 水苔 などの苔類やシダなどが堆積したものが炭化して固まったものですが、それを崩した形状になっています。  · ゴールデン粒状培養土が配合されており、園芸や家庭菜園に適した土です。 元肥入りですので、面倒な肥料を混ぜ合わせる必要がなくそのまま使用できます。

ゴールデン培養土 ピートモス


培養土 と一言でいっても色々な種類があり、植物によって培養土は違ってきます。初心者が簡単に扱える培養土がいいですよね。植物によって保水性がいいものが良かったり、保水しすぎると根腐れしたりと扱い方に差があります。. 培養土の人気ランキング第20位は、 「プロトリーフ 京成バラ園の土」 です。京成バラ園株式会社と共同開発された排水性と通気性の高い培養土です。根の成長の手助けをしてくれます。. 培養土の人気ランキング第19位は、 「花ごころ オリーブの土」 です。オリーブを根から育ててくれるオリーブのための培養土です。赤玉土がはいっているので鉱物質が高く、カルシウム成分が豊富です。. 葉が枯れて落ちる、葉が黒っぽくなる、などの症状があり、こちらの土を試してみることにしました。 ほとんどの葉と枝を切り、かわいそうなことになったオリーブの木ですが、土を入れ替えて 栄養剤もあげたところ新しい葉が次々と出てきました!!感謝です。.

培養土の人気ランキング第18位は、 「プロトリーフ さし芽種まきの土」 です。種まきに適した土で、発芽の初期育成を助けてくれる発芽促進剤が入っています。さし芽用にも使うことができ、この土さえあれば大丈夫です。.

培養土の人気ランキング第17位は、 「プロトリーフ 睡蓮の土」 です。誰も簡単に植えることができる粒状タイプの土です。水が汚れにくい原材料を使用していますので、水生植物におすすめの土です。. 培養土の人気ランキング第16位は、 「自然応用科学 薔薇のこだわり培養土」 です。バラは根が弱い植物なのですが、その根を優しく保護し根張りを良くしてくれる培養土です。根の育成を促進し、丈夫で健康なバラが咲くお手伝いをしてくれる善玉微生物が配合されています。.

バラ栽培初心者ですが、この培養土のお陰で、花をたくさんつけてもらうことが出来ました! 余った分を、もう何年も同じ鉢のまま放置していたミニバラの鉢へ足し入れてみたんですが、今までにないくらい大量の花が咲いてビックリしました。 もう咲き始めてから3ヶ月ほどになりますが、最近やっと新しい蕾が出なくなってきたところです。 足りなくなったらまた買います。オススメです。. 培養土の人気ランキング第15位は、日清ガーデンメイトのウルトラバイオシリーズ 「日清 野菜がおいしい土」 です。野菜が育つために重要な土や環境を最適な状態に保ち、植物の健康をバックアップしてくれる培養土です。初期生育を助けてくれる元肥が入っているので、初心者の方でも簡単に扱うことができます。.

培養土の人気ランキング第14位は、 「自然応用科学 かるい! 花と野菜の培養土」 です。軽い配合設計なので、そのまま植えることができ手間がかかりません。壁掛け式の容器に植えるハンキングバスケットでの栽培におすすめです。. こちらの、土は今回ゴーヤの植え替え時に使用致しました。 2度の摘心を経てすくすくと育っております。水はけがよいので色々な植物に使用できるのでいつもリピートしております。 今後とも、宜しくお願い致します。 有難うございます。.

培養土の人気ランキング第13位は、 「刀川平和農園 オリーブの培養土」 です。オリーブが好む弱アルカリ性の調整された培養土ですので、一般植物の栽培には適しません。有機質由来のカルシウムや発酵油粕が配合されているので、根に優しく健康的なオリーブに成長する手助けをしてくれます。. 培養土の人気ランキング第12位は、 「自然応用科学 観葉植物がまくだけで甦る」 です。土が原因で弱った観葉植物の表面の土に1cm程度撒くだけで観葉植物が甦ります。表面の土と軽く混ぜ合わせるとより効果的です。土が柔らかくなり、観葉植物が元気に育ちます。. 培養土の人気ランキング第11位は、 「花ごころ さし芽種まきの土」 です。初根・発芽しやすい培養土ですので、初心者の方におすすめです。また、初期生育も助けてくれますので初根・発芽した後も健康的に生育しますので安心です。活力剤が配合されていますので、生育を早めてくれる上に丈夫な苗に育ててくれます。. 多肉植物の挿し芽、葉挿し用に、こちらの商品を使ってみましたが、土がふかふかしており挿しやすいです。今まで葉挿しには、普通の園芸用の土を使っていましたが、日数が経つと土が緑がかってきたり土が固くなったりして育ちもよくありませんでしたが、こちらの商品は、育ちもよく、日数が経過しても良好です。さすが、花ごころさんの専用土ですね。 これからは、こちらの商品を使い続けようと思います。.

培養土の人気ランキング第10位は、 「花ごころ さぼてん多肉植物の土」 です。さぼてんのための培養土で、最適な環境を整えてくれます。排水性の高い軽石ベースの培養土です。保肥力のあるバーミキュライトが配合されています。. 培養土の人気ランキング第9位は、 「花ごころ 古い土のリサイクル材」 です。一度使った土に混ぜるだけでふかふかの土に甦る土壌改良材です。たくさんの有機質が配合されており、土を柔らかくしてくれます。また、排水性も高いので、混ぜた直後に植え付けが可能です。. リピートしています。 古い土を乾かしてふるいにかけ、大きな根を取り除いた後、これとマグアンプを混ぜて再利用しています。 臭いもなく、比較的細かいので、使いやすいです。 また、色が真っ黒なので古い土と見分けがつき、混ざったかどうか分かりやすいです。 植物も問題なく育っています。. 培養土の人気ランキング第8位は、 「花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土」 です。元肥が入っているので根に優しくそのまま使用することができます。水の腐敗を防ぐゼオライトが配合されており、排水性がよく根腐れするのを防いでくれます。.

観葉植物用の培養土ということですが、ハーブなどにも使用してみました。 植え替えてから少し期間が経過しましたが、元気に育っています。 初期の段階で肥料が配合されているようですが、様子を見ながら追肥してみたいと思おます。 容量的に、家で使うのに扱いやすくていいですね。. 土をこれに統一してから植物達がみんな元気よく、とても調子がいいです。ゴールデン培養土を使っていたのですが、粒状の肥料の見た目がどうしても好きになれず、こちらに変えました。 見た目も自然な土でいいですし、ベランダガーデニングに向いている配合?のような気がします。 どんな植物にもいいみたいです。ユーカリからクリスマスローズまでこれですが、みんな元気です!. 培養土の人気ランキング第5位は、 「瀬戸ヶ原花苑 花と野菜のプレミアム培養土」 です。軽さにこだわったふかふかの培養土で、鉢植えや直植だけでなくハンギング、コンテナ栽培、ベランダでのガーデニングに向いています。. 培養土の人気ランキング第4位は、 「瀬戸ヶ原花苑 果樹や庭木の培養土」 です。果樹や庭木の植え付けや植え替えにおすすめの培養土です。保水性、排水性、保肥力に優れているので、根張りがよくなりしっかりと苗木を支えます。.

マンション住みですが木を植えたくなり、大きめの鉢を買ったので、弱酸性で、価格もお得で、植物に良さそうな土を探していました。 大満足! 量もたくさんあったので、ついでに周りの植物も植え替えました。 気も元気に成長中です。 また買い足すことがあればリピートします!. 観葉植物に湧いてくるコバエ対策、こちらの土で総入れ替えしました。 入れ替えて3ヶ月経ちますが、木の状態が大変元気になって、葉っぱがピンとしています! そして悩みの種だったコバエも出なくなり大満足です。. 培養土の人気ランキング第2位は、 「自然応用科学 まくだけで甦る土のリサイクル材」 です。有効微生物の働きで、古い土の上にまくだけで再び栽培に適した土へと甦ります。土の表面に1cmほどまくだけで、ふかふかの土になります。古い土と混ぜ合わせるとより効果的です。.

秋冬に使用しています。 値段が変動するので安価な時に購入します。 効果は絶大で芝がとても元気になります。. 培養土の人気ランキング第1位は、 「アイリスオーヤマ 花・野菜の培養土」 です。ゴールデン粒状培養土が配合されており、園芸や家庭菜園に適した土です。元肥入りですので、面倒な肥料を混ぜ合わせる必要がなくそのまま使用できます。. 野菜の栽培を行うときは、野菜用の培養土を使いましょう。注目する点は、通気性と排水性がよいかどうかをチェックしましょう。培養土は赤玉土をベースにしたものと繊維質をベースにしたものと2種類の土がありますが、野菜を育てるときは 繊維質でふかふかした土 の方が根が張りやすいのでおすすめです. 多肉植物のさぼてんを栽培するときは、 「多肉植物用」「さぼてん用」 と書いてある培養土を使用しましょう。さぼてんを栽培する際に他の培養土を使ってしまうと、保水性が良いため根腐れしてしまう恐れがあります。水はけの良さがさぼてんを育てる際にとても重要なことなのです。. 培養土は基本的にとても重たいものですが、 軽石などを多く含んでいる培養土は軽い ものが多いです。壁掛けのプランターなどで花を育てる際には、土は軽くなければいけません。赤玉土や黒土が入っているものは重たくなりますので、購入する際は原料を見てみましょう。.

花や野菜を栽培する際、虫に悩まされることは多いと思います。そんなときは、虫が寄り付かない培養土を使用しましょう。特に観葉植物など室内で栽培するときにおすすめです。 腐葉土などの有機質を使用していない培養土 でしたら、虫の発生を抑えられます。. 培養土には上記で紹介した以外にも多くの種類があり、細かく分類されています。用途によって使い分けることが大事で、様々な植物に広く使える 「汎用タイプ」 をはじめ、粒状に処理され水はけに優れた 「粒状培養土」 や、粒が細かい 「種まき・挿し木用培養土」 、油粕や魚粉など有機質肥料が混ぜられた 「有機培養土」 などが代表的です。. ベースとなる基本用土には 赤玉土、鹿沼土、日向土、黒土、軽石、水苔 があります。基本用土を補助する改良用土には、 腐葉土、堆肥、天然砂、パーライト、バーミキュライト、ピートモス があります。. 用意するものは、 種まき培土、セルトレイ(プラグトレイ)、種子、新聞、水 。ポイントは 種に適した温度 をチェックしてから種まきを行うこと。高温時に育苗を行わなくてはいけない場合は、白トレイを使用する事でトレイ内部の温度を抑える事ができます。.

植物の命となる 水 !ガーデニングや家庭菜園を楽しまれている方には、日々の水やりは欠かせませんよね。特に猛暑の続く真夏の時期は時間をずらして早朝に水やりをしたり、土が乾いていないかこまめにチェックしたり、何かと気掛かりな時期でもあります。. そんな気を遣う水やりに欠かせないのが じょうろ です。 日々の水やりがよりスムーズに 、そして 植物にも負担を与えない ように作業をするため、素敵なじょうろを使いたいですよね。インテリアとしても活躍するじょうろ。こちらのランキングからチェックしてみてください!. 除草剤は、 生えてしまった雑草の駆除やこれから生えてくる雑草対策に使用される農薬 です。農薬と聞くと、取り扱いが難しく感じるかもしれませんが、除草剤は家庭でも簡単に使用することができます。.

何かと物量が多くなってしまうガーデニンググッズ。みなさんどう保管していますか?屋外のものを室内に保管しておくことに抵抗のある方は、 屋外物置 を用意してみるのはいかがでしょうか?. プチトマトやブロッコリーなどは健康や美容にうってつけでありながら自宅でも育てやすいんです。 育てる楽しさと収穫する楽しさをダブルで味わえる野菜 でガーデニングの魅力を存分い味わってみましょう!. サービス一覧 閉じる. 目次 [閉じる] 最適な培養土を使って栽培しよう! 培養土の人気ランキング20選 培養土の選び方 培養土の種類 種まき培土の使い方 ガーデニング関連商品の紹介 まとめ. 培養土 と一言でいっても色々な種類があり、植物によって培養土は違ってきます。初心者が簡単に扱える培養土がいいですよね。植物によって保水性がいいものが良かったり、保水しすぎると根腐れしたりと扱い方に差があります。 自宅でガーデニングや家庭菜園を楽しむ方も多いです。そんな方たちのために、今回は保水性や排水性、配合されている原料、対応植物の観点からランキングを作成しました。.

プロトリーフ 京成バラ園の土. バラ園のバラを 培養土の人気ランキング第20位は、 「プロトリーフ 京成バラ園の土」 です。京成バラ園株式会社と共同開発された排水性と通気性の高い培養土です。根の成長の手助けをしてくれます。 ミニチュアローズやオールドローズなどのデリケートな品種にも対応しています。肥料分が低いので、新苗などの根が弱いときに使用する土です。初期育成に重点を置いた培養土です。京成バラ園のバラを作りたい方におすすめです。.

花ごころ オリーブの土. オリーブのための培養土 培養土の人気ランキング第19位は、 「花ごころ オリーブの土」 です。オリーブを根から育ててくれるオリーブのための培養土です。赤玉土がはいっているので鉱物質が高く、カルシウム成分が豊富です。 ココナッツファイバーが保水性を高めてくれます。オリーブな根張が浅く株が倒れやすい植物ですので、この培養土は書かせません。寒肥と同時に苦土石灰を与えるようにすると、より良く育つでしょう。.

プロトリーフ さし芽種まきの土. 虫が来ない培養土 培養土の人気ランキング第18位は、 「プロトリーフ さし芽種まきの土」 です。種まきに適した土で、発芽の初期育成を助けてくれる発芽促進剤が入っています。さし芽用にも使うことができ、この土さえあれば大丈夫です。 鉢底石を敷いて、その上にこちらの土をいれ、種を蒔いてください。植物にもよりますが、浅い溝を3cm感覚で作りそこに種を蒔きましょう。堆肥を使用していない土ですので、虫が沸きにくいのも特徴です。. プロトリーフ 睡蓮の土. 水が汚れにくい土 培養土の人気ランキング第17位は、 「プロトリーフ 睡蓮の土」 です。誰も簡単に植えることができる粒状タイプの土です。水が汚れにくい原材料を使用していますので、水生植物におすすめの土です。 植物が健康に育つために必要なミネラル成分や、初期育成に必要な肥料が配合されていますので、睡蓮をそのまま植えることが来ます。水をきれいに保つことが重要ですので、汚れたらすぐに綺麗な水に入れ換えてください。.

自然応用科学 Applied Natural 薔薇のこだわり培養土. 薔薇好きの方におすすめ 培養土の人気ランキング第16位は、 「自然応用科学 薔薇のこだわり培養土」 です。バラは根が弱い植物なのですが、その根を優しく保護し根張りを良くしてくれる培養土です。根の育成を促進し、丈夫で健康なバラが咲くお手伝いをしてくれる善玉微生物が配合されています。 また、カニ殻に含まれているキチン質が放線菌の餌となり、病原菌の増殖を押さえてくれる働きがあります。ゆっくりと効果が長く持続する特殊コーティング肥料が配合されているので、長期間綺麗なバラを楽しむことができます。.

日清 野菜がおいしい土. 野菜のための培養土 培養土の人気ランキング第15位は、日清ガーデンメイトのウルトラバイオシリーズ 「日清 野菜がおいしい土」 です。野菜が育つために重要な土や環境を最適な状態に保ち、植物の健康をバックアップしてくれる培養土です。初期生育を助けてくれる元肥が入っているので、初心者の方でも簡単に扱うことができます。 完熟堆肥とバイオ菌が配合され保水性と保肥性が高く、野菜作りに適した培養土です。バイオ菌は、土をふかふかにしてくれる効果があります。また、水捌けや通気性がよくなり肥料を蓄える力が強くなるのでおいしい野菜が育ちます。.

自然応用科学 Applied Natural かるい! そのまま植え付けできる軽い培養土 培養土の人気ランキング第14位は、 「自然応用科学 かるい! 花と野菜の培養土」 です。軽い配合設計なので、そのまま植えることができ手間がかかりません。壁掛け式の容器に植えるハンキングバスケットでの栽培におすすめです。 長く効果が持続する特殊コーティング肥料が配合されています。根に触れてもいたまない肥料ですので、とても植物に優しいです。また、植物の生育に効果的な善玉微生物資材が20%配合されており、土や根張りをよくしてくれます。. 刀川平和農園 オリーブの培養土. 弱アルカリ性の培養土 培養土の人気ランキング第13位は、 「刀川平和農園 オリーブの培養土」 です。オリーブが好む弱アルカリ性の調整された培養土ですので、一般植物の栽培には適しません。有機質由来のカルシウムや発酵油粕が配合されているので、根に優しく健康的なオリーブに成長する手助けをしてくれます。 また、酸素供給剤が入っているので、根張りを促進し根腐れ防止にも効果的です。リン酸が多く含まれているので、綺麗な花が咲き実付きもよくなります。粒子のしっかりした赤玉土は、通気性や排水性も抜群で、土の加湿を防止してくれます。プラ鉢、テラコッタ、駄温鉢、木製鉢での栽培がおすすめです。.

自然応用科学 Applied Natural 観葉植物がまくだけで甦る. 土が甦る培養土 培養土の人気ランキング第12位は、 「自然応用科学 観葉植物がまくだけで甦る」 です。土が原因で弱った観葉植物の表面の土に1cm程度撒くだけで観葉植物が甦ります。表面の土と軽く混ぜ合わせるとより効果的です。土が柔らかくなり、観葉植物が元気に育ちます。 有効微生物の働きで土が甦るので、直接観葉植物に働きかけるものではありません。枯れてしまった観葉植物には効果がありません。樹皮等の植物有機が原料で、活性炭が配合されていますので、臭いはありません。室内やベランダでも安心して使用することができます。. 花ごころ さし芽種まきの土. 初根・発芽しやすい培養土 培養土の人気ランキング第11位は、 「花ごころ さし芽種まきの土」 です。初根・発芽しやすい培養土ですので、初心者の方におすすめです。また、初期生育も助けてくれますので初根・発芽した後も健康的に生育しますので安心です。活力剤が配合されていますので、生育を早めてくれる上に丈夫な苗に育ててくれます。 水の浸透性を高めてくれる特殊パーライトが配合されています。粒子が高い培養土ですので、小さな種でも育てやすいです。花や野菜はもちろん、さし木にもおすすめの培養土です。.

花ごころ さぼてん多肉植物の土. サボテンに最適な環境を 培養土の人気ランキング第10位は、 「花ごころ さぼてん多肉植物の土」 です。さぼてんのための培養土で、最適な環境を整えてくれます。排水性の高い軽石ベースの培養土です。保肥力のあるバーミキュライトが配合されています。 さぼてんの根は乾燥に強いのですが、水のやりすぎや水の腐敗で傷みやすいです。それを防ぐためにゼオライトが配合されています。ゼオライトは不要な有機質を吸着し、水の腐敗を防ぎ多くのミネラルを補給します。天然鉱物の培養土なので、室内の植物にも安心して使用できます。. 花ごころ 古い土のリサイクル材. 古い土が甦る 培養土の人気ランキング第9位は、 「花ごころ 古い土のリサイクル材」 です。一度使った土に混ぜるだけでふかふかの土に甦る土壌改良材です。たくさんの有機質が配合されており、土を柔らかくしてくれます。また、排水性も高いので、混ぜた直後に植え付けが可能です。 石灰は土のpHを中性に近づけ、再生材の効果を高めてくれます。牛糞は、地力を高め必要な栄養分を補ってくれます。木炭は、排水性を高め根の呼吸を助けてくれます。この3つの素材が配合されることによって、回復力が高まるのです。古い土と再生材を4:1の割合で混ぜてください。65cmのプランターでしたら、1リットルの再生材が必要です。.

花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土. 根に優しい培養土 培養土の人気ランキング第8位は、 「花ごころ 多肉植物&ミニ観葉の土」 です。元肥が入っているので根に優しくそのまま使用することができます。水の腐敗を防ぐゼオライトが配合されており、排水性がよく根腐れするのを防いでくれます。 多肉植物は2年に1回植え替えるようにしてください。特に購入直後の鉢は、根詰まりしていることが多いのですぐに植え替えるようにしましょう。鉢に培養土を入れ、棒などで突いて回りに土が入るようにするのがポイントです。 排水性がよい土ですが、水のあげすぎには注意しましょう。土の表面が乾いてきたら水をあげましょう。.

自然応用科学 Applied Natural 観葉植物を楽しむ培養土. 弱酸性の培養土 培養土の人気ランキング第7位は、「自然応用科学 観葉植物を楽しむ培養土」です。すべての観葉植物に合うように弱酸性に調整された培養土です。 水はけがよく肥料もちが良いので、室内でも育てやすいです。元肥入りですが、生育状態に応じて液体肥料を与えるとよいでしょう。. 花ごころ 観葉植物の土. マグネシウム配合の培養土 培養土の人気ランキング第6位は、 「花ごころ 観葉植物の土」 です。観葉植物専用の培養土で、元肥が入っているので配合の手間がなくそのまま使用することができます。 マグネシウムが配合され、観葉植物の葉の色づきをよくしてくれる働きがあります。また、光合成を助けてくれますのですくすくと丈夫な観葉植物に育ちます。軽くて清潔な原料を使用していますので、室内でも安心して使用できます。. 瀬戸ヶ原花苑 花と野菜のプレミアム培養土. ワンランク上の培養土 培養土の人気ランキング第5位は、 「瀬戸ヶ原花苑 花と野菜のプレミアム培養土」 です。軽さにこだわったふかふかの培養土で、鉢植えや直植だけでなくハンギング、コンテナ栽培、ベランダでのガーデニングに向いています。 完熟有機堆肥と緩効性肥料のW効果で、肥料が長持ちします。また、天然貝化石に含まれるミネラルカルシウムが配合されており、花や野菜を丈夫に育ててくれます。天然有機リン酸もたくさん配合されており、花の数や実の数がアップします。高品質のトリプル効果で綺麗な花やおいしい野菜が作れるでしょう。.

瀬戸ヶ原花苑 果樹や庭木の培養土. 果樹や庭木の植え付けに 培養土の人気ランキング第4位は、 「瀬戸ヶ原花苑 果樹や庭木の培養土」 です。果樹や庭木の植え付けや植え替えにおすすめの培養土です。保水性、排水性、保肥力に優れているので、根張りがよくなりしっかりと苗木を支えます。 リン酸効果で実付きや花付きがよく、たくさんの果実ができます。腐葉土が配合されているので、通気性が良いです。. アイリスオーヤマ IRIS OHYAMA ゴールデン粒状培養土 観葉植物用. 根も葉もいききと育つ培養土 培養土の人気ランキング第3位は、「アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土 観葉植物用」です。保水性と排水性に優れているゴールデン粒状シリーズの培養土です。パーライトと軽石が入っているので、通気性にも優れています。 雑草の種や害虫の混入をおさえるために加熱処理を施してありますので、初心者の方でも安心して使うことができます。土・水・空気の割合を適切に保つことで、育ちやすい環境を作ってくれる培養土です。.

自然応用科学 Applied Natural まくだけで甦る 土のリサイクル材. ふかふかの土に 培養土の人気ランキング第2位は、 「自然応用科学 まくだけで甦る土のリサイクル材」 です。有効微生物の働きで、古い土の上にまくだけで再び栽培に適した土へと甦ります。土の表面に1cmほどまくだけで、ふかふかの土になります。古い土と混ぜ合わせるとより効果的です。 樹皮等の植物有機が原料となっていますので、臭いが少なく庭やベランダで使用することができます。夏の暑い時期に土の水分が蒸発したり、害虫の発生を防いでくれる効果もあります。冬の土壌保温にも効果があります。ただし、枯れてしまった植物を甦らせることはできません。.

アイリスオーヤマ IRIS OHYAMA 花・野菜の培養土. 園芸や家庭菜園に 培養土の人気ランキング第1位は、 「アイリスオーヤマ 花・野菜の培養土」 です。ゴールデン粒状培養土が配合されており、園芸や家庭菜園に適した土です。元肥入りですので、面倒な肥料を混ぜ合わせる必要がなくそのまま使用できます。 保水性が高く、天然の有機質が豊富なので、花や野菜の根の発育を促進し、根張りを良くしてくれます。通気性も高いので、土の中に常に新鮮な空気を送ることができます。. 培養土には上記で紹介した以外にも多くの種類があり、細かく分類されています。用途によって使い分けることが大事で、様々な植物に広く使える 「汎用タイプ」 をはじめ、粒状に処理され水はけに優れた 「粒状培養土」 や、粒が細かい 「種まき・挿し木用培養土」 、油粕や魚粉など有機質肥料が混ぜられた 「有機培養土」 などが代表的です。 ベースとなる基本用土には 赤玉土、鹿沼土、日向土、黒土、軽石、水苔 があります。基本用土を補助する改良用土には、 腐葉土、堆肥、天然砂、パーライト、バーミキュライト、ピートモス があります。 それぞれの特性はこちらのサイトをご覧ください!.

こちらでは、まず植物育成のスタートラインとなる種まき時に遣う 種まき培土 の使い方、コツをご紹介します。 用意するものは、 種まき培土、セルトレイ(プラグトレイ)、種子、新聞、水 。ポイントは 種に適した温度 をチェックしてから種まきを行うこと。高温時に育苗を行わなくてはいけない場合は、白トレイを使用する事でトレイ内部の温度を抑える事ができます。 詳しい手順はこちらからどうぞ!. 植物の命となる 水 !ガーデニングや家庭菜園を楽しまれている方には、日々の水やりは欠かせませんよね。特に猛暑の続く真夏の時期は時間をずらして早朝に水やりをしたり、土が乾いていないかこまめにチェックしたり、何かと気掛かりな時期でもあります。 そんな気を遣う水やりに欠かせないのが じょうろ です。 日々の水やりがよりスムーズに 、そして 植物にも負担を与えない ように作業をするため、素敵なじょうろを使いたいですよね。インテリアとしても活躍するじょうろ。こちらのランキングからチェックしてみてください!.

除草剤は、 生えてしまった雑草の駆除やこれから生えてくる雑草対策に使用される農薬 です。農薬と聞くと、取り扱いが難しく感じるかもしれませんが、除草剤は家庭でも簡単に使用することができます。 雑草はきちんとお手入れしないと次々と生えてきて庭の見た目も悪くなりますし、蚊などの虫の発生原因にもなります。雑草はガーデニングの大敵。しかし毎回草むしりをするのは大変ですよね。そんなときは除草剤で対策しましょう。. 何かと物量が多くなってしまうガーデニンググッズ。みなさんどう保管していますか?屋外のものを室内に保管しておくことに抵抗のある方は、 屋外物置 を用意してみるのはいかがでしょうか? 屋外物置は、ガーデニンググッズだけでなく、例えば、年に数回ほどしか使わないアウトドア用品やスノーボードなどの屋外スポーツ用品などを収納したり車のタイヤなどの保管場所にもなります。 自転車を収納できるサイズの屋外物置なら、自転車の汚れやサビ防止だけではなく盗難防止にも役立ちます。また、捨てることができない思い出の品や、使う機会があまりない物、防災グッズなども保管しておくのに便利です。.

ガーデニングをこれから始める方は、最初に育てる植物を何にするか考えますよね。いきなり難しいものにチャレンジして枯らしてしまっては勿体無いので、まずは簡単なものから始めてみませんか?そしてせっかくなら育てたものを食べてみましょう! プチトマトやブロッコリーなどは健康や美容にうってつけでありながら自宅でも育てやすいんです。 育てる楽しさと収穫する楽しさをダブルで味わえる野菜 でガーデニングの魅力を存分い味わってみましょう!. 培養土のおすすめ商品比較一覧表 商品画像 1. ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング 2020年11月14日 やレビューをもとに作成しております。. ツイート シェア シェア.




Read More