苓桂朮甘湯エキス錠〔大峰〕

苓桂朮甘湯エキス錠〔大峰〕の効果・用法・副作用 | ミナカラ | オンライン薬局

大峰 苓桂朮甘湯錠 (りょうけいじゅつかんとう) ¥ 3, 税込. 商品コード: メーカー: 大峰堂薬品. 数量. 相談する. お気に入りに追加 [1 基本情報 薬品名 苓桂朮甘湯エキス錠〔大峰〕 成分 本品1日量(12錠)中 「日局」ケイヒ・・・・・・・2.0g 「日局」カンゾウ・・・・・・1.0g 「日局」ブクリョウ・・・・・3.0g 「日局」ビャクジュツ・・・・1.5g 上記生薬より得た苓桂朮甘湯エキス(1/2量)mgを含みます。なお、添加 苓桂朮甘湯エキス錠〔大峰〕について薬剤師が解説します。効果・副作用・妊娠中や子供の服用の注意点、同じ成分の薬も掲載。苓桂朮甘湯エキス錠〔大峰〕についてわからないことがあれば薬剤師に無料で相談することもできます。 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう) 体力虚弱である やや虚弱である 体力は中等度である 比較的体力がある 体力は充実している 効能・効果 体力中等度以下で、めまい、ふらつきがあり、ときにのぼせや動悸があるものの次の諸症:立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ

大峰堂薬品 苓桂朮甘湯


相談すること 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。  (1)医師の治療を受けている人。  (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。  (3)高齢者。  (4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。  (5)次の症状のある人。      むくみ  (6)次の診断を受けた人。      高血圧、心臓病、腎臓病 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。    〔関係部位〕    〔症  状〕     皮  膚  :  発疹・発赤、かゆみ  まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けて下さい。  〔症状の名称〕偽アルドステロン症、ミオパチー  〔症   状〕手足のだるさ、しびれ、つっぱり感やこわばりに加えて、脱力感、         筋肉痛があらわれ、徐々に強くなる。 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。 4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。. 上記の病名は順不当で本漢方薬の効果が適した順番に並んでいる訳ではありません。 苓桂朮甘湯がご自分の状態(体格や体力、症状など)に合うか、以下の項目をチェックして下さい。病名は合致しても、その人の体の症状や体格、傾向と合わない場合、漢方薬の効果をあまり感じられません。. こちらの関連ページもどうぞ 六味丸 六味地黄丸 苓桂甘棗湯 竜胆瀉肝湯 苓姜朮甘湯 苓甘姜味辛夏仁湯 六君子湯. 希望小売価格: ¥3,872(税込). 選べる支払方法 ・クレジットカード ・Amazon Pay ・楽天ペイ(旧:楽天ID決済) ・d払い. 次の量を食前又は食間に服用して下さい。 (食間とは、食後2〜3時間を指します。)  〔 年  齢 〕 成人(15歳以上)  〔1 回 量 〕 4錠  〔1日服用回数〕 3回  〔 年  齢 〕 15歳未満7歳以上  〔1 回 量 〕 3錠  〔1日服用回数〕 3回  〔 年  齢 〕 7歳未満5歳以上  〔1 回 量 〕 2錠  〔1日服用回数〕 3回  〔 年  齢 〕 5歳未満  〔1 回 量 〕 服用しないで下さい  〔1日服用回数〕 服用しないで下さい <用法・用量に関連する注意> (1)用法・用量を厳守して下さい。 (2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。. こちらの関連ページもどうぞ 六味丸 六味地黄丸 苓桂甘棗湯 竜胆瀉肝湯 苓姜朮甘湯 苓甘姜味辛夏仁湯 六君子湯. 虚証(体力が無く反応がにぶく虚弱な状態、華奢な体格の人)に有効 現在の状態 めまいや立ちくらみ、ふらつきがある のぼせて頭痛がする 動機があり四肢が冷える 不安な気持ちが強く大抵取り越し苦労 尿量が減少し頻尿傾向にある 低血圧か高血圧. 送料無料 配送区分: 宅急便60サイズ. 注目度の高いページもご覧下さい 藜芦 活血 アレルギー体質を改善する漢方薬処方 続随子 斂肺 胖大海 凌霄花 金橘 硫黄 黄狗腎. 注目度の高いページもご覧下さい 藜芦 活血 アレルギー体質を改善する漢方薬処方 続随子 斂肺 胖大海 凌霄花 金橘 硫黄 黄狗腎. 漢方では気と血と水がバランス良く体内を流れることで健康を保つと考えられています。 「気」 は根本的な生命エネルギーを表し、心身の活力や免疫に影響します。 「血」 は血液やその機能、それによって運ばれる栄養、ホルモンなどを表します。 「水」 は血液以外の体液や体内の水分、リンパ液や消化液、尿や汗などの機能を表しています。. 漢方薬トップページ | 効能・症例別の漢方薬処方 | 漢方薬五十音リスト | 生薬図鑑 | 漢方薬用語辞典 | お問い合わせ Copyright 2014 わたしの漢方薬ガイド.
京王 プレッソ イン 大手 町 最寄り 駅

Read More