地元山口県で耐震性と気密性に優れた住まいのリフォームを行う山陽小野田市のお隣りの宇部市にある株式会社田村建材店

スタディツアー、ワークキャンプ、海外ボランティア、国際協力、人びとと出会う旅へ

※ツアー情報はこちら cordlixekex.marushin.club「ガーナには可能性がある。とにかく、やってごらん」と後進を励ます田村さん。田村 田村 芳一 [秋田脳血管研究センター内科学研究部]の論文や著者との関連性 田村 芳一 [秋田大学第二内科]の論文や著者との関連性 田村芳一 1 2 Non-Destructive Testing―The Current State of Standards and Qualiˆcation & Certiˆcation for Leak Testing Yoshikazu TAMURA 1 2 1Leak testing committee in the Japanese Society for Non-Destructive Inspection(MBR99 Bldg. 67 Kanda-sakumagashi, Chiyoda-ku, Tokyo Japan)

田村 芳一


Yasuhiko WAKIBE. はじめに  放射線部門は,中性子ラジオグラフィを含めた放射線透過撮影及びコンピュータトモグラフィ(CT)による検査を対象としてい る。最近では,国内における社会インフラ・産業インフラの高経年化の問題から,これらの健全性評価に関する研究が増加してい る。また,近年の研究開発は,ほとんどがデジタル技術を背景としたものであるが,国内での放射線透過試験は実務の大半がフィ ルムによる直接撮影法(以下フィルムRT という)であり,研究開発と検査実務にギャップがあるのが現状である。今後,これら のデジタル技術の実務への適用を推進することが,部門活動の活性化につながると考えられる。  以下に,2013 年度の部門活動を報告するとともに,部門講演会,シンポジウム,春・秋講演大会での発表,機関誌の掲載記事を参 考に,技術動向と展望を述べる。.

キーワード 超音波探傷,シミュレーション,ガイド波,フェーズドアレイ,信号処理,イメージング,非線形超音波, 非接触超音波,レーザ超音波,空気超音波,電磁超音波,計測,材料評価,探傷装置,センサ,試験片. はじめに  超音波部門では,超音波探傷試験に関する多くの研究講演活動が行われている。それらは,現場における新たな取り組みに関す るものから,世界的にも最新と思われる内容まで多岐にわたっており,毎年有用な知見が多く見られる。超音波探傷試験に限らず 工学は,現場のニーズの存在やニーズの創造が必須であり,加えてそれを解決することに存在意義が有ると思っている。広く有用 な知見の集まる超音波部門の活動は,技術者と研究者の双方に有用であると思われる。ここに技術項目別に年度分をまとめておく。 今後の超音波探傷技術の発展に寄与することを期待したい。.

はじめに  磁粉・浸透・目視部門は表面探傷に関わる試験として広く活用されている。近年において,インフラストラクチャのメンテナン ス需要が増加してきている中で,磁粉・浸透・目視試験に関わる探傷技術は重要な位置付けになってきている。  今年度で,学術部門が従来の表面探傷分科会から,磁粉・浸透・目視部門,電磁気応用部門,漏れ試験部門の三つの部門の体制に 変わり早くも4 年目になる。講演会及びシンポジウムは今年度も従来の表面探傷分科会の踏襲を引き継ぎ,磁粉・浸透・目視部門, 電磁気応用部門,漏れ試験部門の三つの部門合同で行った。これら三つの部門は表面きずの検出という共通テーマを有しており, 今後も共同で活動することが,お互いの部門の活性化にも繋がっていくと考えられる。  ここでは,2013 年度の表面3 部門合同で行った講演会及びシンポジウムの概要を述べると共に磁粉・浸透・目視部門の活動報告 及び今後の展望について述べる。.

はじめに  電磁気応用部門は,主に渦電流試験,漏洩磁束探傷及び電磁気を応用した材料診断が対象領域となる。電磁気を応用した非破壊 検査は,電磁気的なカップリングを用いるため,非接触で高速な検査ができることが特徴である。このため,鉄鋼におけるライン の検査や発電・化学プラントにおける熱交換器等の検査に多く用いられている。また,電磁気的な適用の自由度が高いため,それ ぞれの検査に合わせたプローブが開発されている。学術部門が従来の表面探傷分科会から,電磁気応用部門,磁粉・浸透・目視部門, 漏れ試験部門の3 つの部門の新しい体制に変わり4年目になるが,講演会及びシンポジウムは今年度も従来の表面探傷分科会の踏襲 を引き継ぎ,電磁気応用部門,磁粉・浸透・目視部門,漏れ試験部門の3 つの部門合同で行われた。これら3 つの部門は表面きず の検出という共通テーマを有しており,今後も共同で活動することが,お互いの部門の活性化にも繋がっていくと考えている。  ここでは,2013 年度の日本非破壊検査協会における発表,表面3 部門合同で行った講演会及びシンポジウムの概要を述べると共 に電磁気応用部門の活動報告及び今後の展望について述べる。.

はじめに  応力・ひずみ測定部門は,非破壊検査の基礎となる応力・ひずみの測定手法および評価手法,応用開発・技術について研究し, それらの成果の実用化,研究動向,解析結果の情報交換の場として活動している。近年は応力・ひずみ測定の対象が,金属材料ば かりでなく,複合材料,高分子材料,生体材料,生体組織に広がってきている。また,インフラ構造物の健全性評価に関する研究も 増えてきている。計測手法としては,光学的手法やX 線を用いた手法や,デジタル画像を用いた手法などが多く報告されている。 2013 年度における報告を以下に要約する。.

はじめに  当保守検査部門はプラント・設備などの安全性や信頼性を維持・向上させるために,溶接部,応力集中部,腐食等の劣化危険性の 高い部位,高温・高圧設備等の劣化可能性の大きい設備などについて,その劣化程度の検査,信頼性評価,コンディションモニタ リング,及び余寿命評価などを行い,さらに安全性と経済性を総合評価して延命策を検討・実施するための活動を行っている。  本部門で取り扱う技術は,プラント・設備が使用され始めてから廃棄されるまでの長期間にわたって健全性を確保するため,各 非破壊検査技術だけでなくプラント・設備の管理技術などの関連技術を含む幅広いものである。従って,関連分野の産官学の専門 家と各社の研究者及び技術者とが議論を行うことで,保守検査に関する知識を深め,かつ,その知識を各社で生かすことが重要と 考え,関連分野の専門家を招いて年2 回程度のシンポジウムを実施してきた。  2013 年度は,2013 年7 月5 日に東京都大田区産業プラザで平成25 年度保守検査ミニシンポジウムを,2013 年11 月11 日に同 会場で第12 回保守検査シンポジウムを開催した。いずれのシンポジウムとも各講演者に話題のテーマ,最新のテーマの内容を講 演していただいた。また,シンポジウムの参加者からも多数の質問をいただき,活発な討論を行った。  さらに,若手の技術者・研究者を奨励し,部門の活性化を図るために,平成24 年度に引き続き平成25 年度保守検査ミニシンポ ジウムにおいて新進賞コンペティションセッションを設けた。.

はじめに  アコースティック・エミッション(AE)部門は,アコースティック・エミッション(AE)特別研究委員会を母体として組織され, 2010 年度より活動を開始した。AE 部門では,AE 特別研究委員会と同様に,AE 法を基盤とした非破壊検査・非破壊評価技術およ びその応用分野の発展・普及を目的とした活動を行っている。以下に2013 年度の活動などをまとめる。.

はじめに  新素材に関する非破壊試験部門では,新素材のみならず,広く素材を対象に材料,構造に関する横断的な非破壊検査法の調査・適用事 例などを目的に委員会やシンポジウムを開催している。本年度は,新素材の評価法として最適な非破壊検査法の調査・適用事例などを目 的に,委員会及びミニシンポジウムを1 回,シンポジウムを1 回開催し,秋季講演大会でのオーガナイズドセッションの企画を行った。ま た,非破壊検査2013 年7 月号において,「先進材料・非破壊計測技術」特集として,解説4 件,トピックス5 件,資料1 件の掲載を行った。.

はじめに  部門は,年3 回の行事を開催し,内1 回はオープンな形のシンポジウムを開催することになっている。しかし,鉄筋コンクリー ト構造物の非破壊試験部門(以下,RC 部門)では,これまではシンポジウムを3 年ごとに開催しているのみであり,その間の2 年はクローズドの行事であった。今年度より,シンポジウムの間の2 年はミニシンポジウムを開催することとした。また,他の部 門との合同開催や,各支部の協力を得ながら全国で開催することとした。  13 年度は4 回の行事が活発に行われた。その概要を報告する。また,学術委員会,標準化委員会,教育委員会,編集委員会と関 連した活動などについてもその概要を報告する。  さらに春秋大会などで発表された研究の概要及び今後の展望について述べる。.

Report of Academic Affairs Committee Chairman of Academic Affairs Committee in 2013, Osaka University Masahiko HIRAO. Report of Standardization Committee Chairman of Standardization Committee in 2013, Toyohashi University of Technology Tadaharu ADACHI. はじめに   日本非破壊検査協会(JSNDI)では,標準化委員会とISO 委員会が協力し,また,経済産業省や日本規格協会等の関連学・協会 との緊密な連携のもと,日本国内外の非破壊試験に関する標準化の一体的な推進を図っている。  本報告では,標準化委員会の2013 年度の活動として,原案作成や改正に関わる日本工業規格(JIS)及び日本非破壊検査協会 規格(NDIS)の動向および関連の事業について説明する。なお,ISO の動向に関しては,別途ISO 委員会活動報告がなされている。.

Report of ISO Committee Chairman of ISO Committee in 2013, Institute of Technologists, Guest Professor Norikazu OOKA.

Report of International Committee Chairman of International Committee in 2013, Tokyo Institute of Technology Sohichi HIROSE. Report of Education Committee Chairman of Education Committee in 2013, Non-Destructive Inspection Co. Kazuo NAKAMURA. はじめに   教育委員会(以下,「当委員会」という。)は,非破壊検査に従事する技術者の技量向上を目的として各種教育・訓練の計画と実 施並びに関係書籍の編集などを行っている。  2013 年度は,特に,JIS Z 2305:2013「非破壊試験技術者の資格及び認証」の改正に伴う新認証制度に対応すべく教育体制を検討 した。  ここでは,2013 年度の当委員会の主な活動実績を報告する。.

Report of Certification Steering Committee Chairman of Certification Steering Committee in 2013, Electron Science Institute Kazutoshi FUJIOKA. Report of Publication Committee Chairman of Publication Committee in 2013, Graduate School of Engineering, University of Toyama Tsuyoshi MIHARA.

出版委員会   出版委員会は,非破壊検査技術の出版物の企画,編集,制作及び頒布,管理を行うことを目的とし,非破壊検査関連のテキスト・ 問題集等,先端技術・学術書,入門書・啓蒙書の出版に当たった。図1 に示すように,昨年度も非破壊検査協会の他の活動と密接に 関連,連携しながら,4 回の委員会を開催して,以下の活動を行った。 (1)出版計画書に基づいた出版物の製作審議,管理,頒布。 (2)JIS Z 2305 対応書籍としての出版物の見直し。 (3)原稿の電子化の推進。 (4)インターネット上で書籍の受注を実施。 (5)展示会等で一部書籍の店頭販売を実施。 (6)出版物の英語版発行の検討。 (7)著作権の取り扱いと協会の権利についての検討。 (8)財務体制強化策についての検討。.

Report of Reference Block Committee Chairman of Reference Block Committee in 2013, Non-Destructive Inspection Co. Kazuhiro MUKAI. 奨励金・助成金・論文賞 奨励金及び研究助成金募集案内 論文賞募集要領. 機関誌 論文投稿について 機関誌の執筆要領 ワードプロセッサ・レイアウト形式用 ワードプロセッサ用・従来の原稿用紙形式 手書き用 2021年度機関誌 2020年度機関誌 2019年度機関誌 2018年度機関誌 2017年度機関誌 2016年度機関誌 2003~2015年機関誌 2002年以前総目次.

他機関の賞・助成の募集 他機関のセミナー等. 機関誌 2014年度バックナンバー8月 機関誌 機関誌バックナンバー 過去の機関誌.


横浜食品サービス 求人, 筋があるオクラはどう処理する, 苦笑交じりにうなずく, 肥満化ネタなんだけど 昔 どんどんドメルとロン

Read More